中条あやみと佐野勇斗(はやと)共演で人気コミックを実写映画化する『3D彼女 リアルガール』。この作品の超特報映像が解禁となった。

本作は、講談社の「月刊デザート」で2011年9月号~16年7月号まで連載され、累計発行部数120万部(※デジタル売上含む)の那波(ななみ)マオによる人気コミックの実写映画版。4月からは日本テレビAnichU枠ほかにてアニメ放送がスタートすることも決まるなど注目が高まっている。

中条が、派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉(いろは)役を演じ、映画『ミックス。』や『ちはやふる -結び-』などに出演し注目度が上昇中の佐野が、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルの世界に没頭するオタク高校生“つっつん”こと筒井光(ひかり)役に扮する。

解禁となった超特報映像は、「つっつん、私と付き合って」という中条演じる色葉の告白に、告白された“つっつん”こと筒井(佐野勇斗)だけでなく、クラスメイトまでもが驚愕の表情を浮かべるシーンから幕開け。「学校一の美少女が選んだのは、2次元を愛する超絶オタク!?」というナレーションが続いていく。

一緒の登校、デート、ランチ、おんぶ、ハグと、経験したことのない3D(現実の)彼女とのイベントに戸惑い、振り回される筒井。はては突然のキスに、ついに筒井の限界値は極限突破!? 3次元女性に免疫がまったくない筒井の「まるで無限地獄だ…」というつぶやきが、住む世界が違う「美女と野獣」ならぬ「美女とオタク」の2人の恋模様をコミカルに際立たせる。

はたして、18年間バーチャルの世界に居場所を求めリアルなコミュニケーションを避けてきたつっつんと、超絶美少女・色葉の恋の行方とは? 『3D彼女 リアルガール』は9月14日より全国公開となる。
※元記事はこちら:http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=12411

【関連記事・動画】
■中条あやみ演じる超絶美少女にオタク高校生がノックアウト!『3D彼女 リアルガール』特報解禁
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=12411
■中条あやみが超絶美少女役で『3D彼女 リアルガール』を実写映画化
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=11401
■神田沙也加、実写映画『3D彼女』に魔法少女のアニメキャラ声優で出演!
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=12277

みんなの反応

タグ一覧

関連記事