『ノック・ノック』などの脚本を手掛けてきたギジェルモ・アモエドが監督と脚本を担当したホラー。監禁されていた少女を3姉妹が発見したことから始まる悪夢を活写する。マリア・エボリ、バネサ・レストレポ、カルラ・アデル、ガブリエラ・デ・ラ・ガルサらが出演。編集のディエゴ・マチョ・ゴメス、音楽のマヌエル・リベイロら『ノック・ノック』のスタッフが参加している。
作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0023607
配給: アット エンタテインメント
D.R. (C) NOVILUNIO PRODUCCIONES S.A. DE C.V. Mexico 2018
劇場公開:2018年12月1日

みんなの反応

  1. ドントブリーズの新作かと思ったやん

  2. クワイエットプレイスとかITとかもだけど、タイトルで何しちゃいけないのか分かるのなんか草

  3. GEOでよく似たストーリーのが新作だけど一週間レンタル安めで置いてた。どうせ娘に悪魔がとりついてるのでしょ

  4. 予告でこんなにつまらなさそうな映画も珍しいw

タグ一覧

関連記事